ホーム > 法律 > 私の相続人は誰だろう?

私の相続人は誰だろう?

誰が相続人となるかは法律で決められており、決められた相続人を「法定相続人」といいます。法定相続人には「配偶者相続人」と「血族相続人」があります。

 

「配偶者相続人」とは、亡くなった方(被相続人)の配偶者であり、常に相続人となります。ただし、内縁の妻や内縁の夫は相続人とはなれません。

「血族相続人」とは、亡くなった方(被相続人)と血のつながった親族であり、子や孫、親や祖父母、兄弟姉妹などが該当しますが、その全員が相続人となるのではなく、以下のような順位にしたがって相続人となります。

 

第1順位 子>孫>ひ孫

子には、認知された子や養子や胎児も含まれます。子が存在する時は子が相続人となりますが、子が既に亡くなっている時は孫が相続人となります。孫も既に亡くなっている時はひ孫が 相続人となります。

 

第2順位 親>祖父母

もし子・孫・ひ孫の誰もおらず、親がいる場合にはその親が相続人となります。親が誰もいない場合は祖父母が相続人となります。

 

第3順位 兄弟姉妹>その子供

子・孫・ひ孫、親・祖父母の誰もいない場合に兄弟姉妹が相続人となります。既に亡くなっている兄弟姉妹に子供がいる場合は、その子供 (被相続人からすると甥姪)が相続人となります。